教師が児童の背中に反省文 「先生の給食を食べました」 校内を20分間歩かせ発覚

社会


支援学校の教師がとった、問題の行動。
きっかけは給食だった。

自分の給食を食べられ、腹を立てたのか、「ぼくは先生の給食を勝手に取って食べました。反省しています」と書かれた紙を児童の背中に貼り、校内を歩かせていたことがわかった。

歩かせたのは、大阪府立の特別支援学校に勤務していた20代の女性教師。

教育委員会によると、2020年10月、女性教師が、当時小学1年の男子児童の隣に座って給食を食べることになった。

すると、男子児童は、教師が席を外した間に、おかずを自分の皿に移して食べたという。

そのあと、教師は驚きの行動に。
その児童の背中に、「ぼくは先生の給食を勝手にとって食べました。反省しています」と、手書きの紙を貼り付けた。

さらに、背中に紙を貼ったまま、2人で校内をおよそ20分間歩いたという。

これに気づいた、校内にいた別の児童の保護者が学校に連絡し、事態が明らかになった。

女性教師は、教育委員会の聞き取りに事実関係を認め、紙を貼って歩かせた理由について、「会話が難しい児童だったので、ほかの先生が気軽に話しかけるきっかけになると思った」と話している。

女性教師は、児童の保護者に謝罪。

2022年9月に訓戒処分を受けたあと、自らの申し出により退職したという。

(FNNプライムオンライン11月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 大阪府