64歳男性刺され死亡 男が逃走中 計画的か 玄関でもみ合いに

社会


ブルーシートでふさがれた、敷地の入り口。
警察が住宅の周りで、鑑識作業をしている。

19日の夜、宮城・涌谷町の住宅で男性が刺され、死亡。

逃走を続けている犯人の男について、警察は、計画的な犯行であった可能性も視野に入れて捜査を続けている。

現場は、JR上涌谷駅から350メートルほど北にある住宅。

亡くなったのは、この家に住む三川栄治朗さん(64)。

警察は20日、捜査本部を設置し、三川さんの死因が出血性ショックであることを明らかにした。

事件発生当時、家には、三川さんと2人で住む知人女性がいたという。

女性によると、インターホンが鳴ったため、三川さんが玄関先へ。
すると突然、男に襲われてもみ合いになり、上半身を刺されたとみられている。

男はその後、車で逃走。
女性にけがはなく、男と女性は面識がなかったという。

男は身長170cmほど、上下黒っぽい服装で、ニット帽とネックウォーマーのようなものを身につけていたという。

三川さんについて、近くに住む人は「性格的にはおとなしい方。トラブルを起こすような人ではない」と話した。

警察は、男が三川さんを計画的に狙った可能性があるとみて、調べを進めるとともに、逃げた男の行方を追っている。

(FNNプライムオンライン11月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース