「第7波超えは年末年始の前に来ると思う」医師が自宅に赴く“家来るドクター”依頼急増【愛知発】

社会 暮らし

新型コロナウイルスの「第8波」到来で増える新規感染者数。感染の拡大とともに「往診ドクター」の依頼もまた急増している。

いよいよ第8波か…家来るドクターの依頼も3倍に

11月18日から名古屋・栄のサンシャインサカエで始まった大規模接種。使われているのはオミクロン株対応ワクチンで、11月26日分までは予約で埋まっているという。


11月14日、愛知県の大村知事は11月1日から「第8波」に入ったという認識を示した。その到来にまたも慌ただしくなり始めた場所がある。

愛知県北名古屋市のクリニックに事務所を置く「家来るドクター」。病院が閉まっている夜間や休日に、医師が自宅などに赴く往診を行っている。


電話に加え、LINEでも問診を受け付け、直接の診察が必要な患者には往診に赴く。第8波に入り、依頼も3倍ほどに増えているという。


家来るドクター 朝岡龍博医師:
第7波超えてくるのではないかというのは、年末年始を前に(第8波が)くるって思ってます

午後7時、往診へと向かう。

医師:
どうも家来るドクターです。よろしくお願いします

名古屋市の51歳の女性。11月13日に「家来るドクター」を受診してコロナ陽性となっていたが、同居する19歳の息子もこの日の夕方から発熱したという。


結果は息子も陽性。家族内感染とみられている。


息子:
初期症状か分からないですが、喉が少し痛い

医師:
喉の炎症止めのお薬も必ず出しておきますから

往診を待つのは、大人だけではない。名古屋市の7歳の女の子。前日から発熱・鼻水の症状があり、9歳の兄も朝から発熱や喉の痛みを訴えていた。きょうだい揃って検査を受けた。


この時期の発熱には、インフルエンザの疑いも。コロナとインフルエンザは、同時に検査することが可能だ。

結果は2人ともコロナとインフルエンザいずれも陰性。いわゆる「風邪」と診断され、薬を処方された。


2021年は大きな流行がなかったインフルエンザだが、2022年はコロナとの同時流行を懸念する声もあがっている。

「家来るドクター」の往診はコロナ患者だけではない。

名古屋市の3歳の女の子。熱はないが、鼻水が止まらず目の痛みを訴えていた。

症状などから「アデノウイルス」とみられると診断。様子見となった。


14日から17日までで60件の往診に向かった「家来るドクター」。これから訪れる第8波のピーク到来に警戒している。

家来るドクター 朝岡龍博医師:
あと3週間後くらい(12月上旬)がピークになるのではないか。第8波が近づいているということに対して、真摯に受け止めて対応していただくしかないと思います

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン11月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース