丸紅とSOMPO 中古太陽光パネルを販売 「保険で品質保証」の再循環

経済・ビジネス


2030年代に大量廃棄が始まる太陽光パネルの再利用を促すため、丸紅とSOMPOホールディングスが、中古パネルの販売を開始する。

丸紅は、発電事業者などから買い取った、使用可能な中古パネルの性能や使用履歴などの情報を管理するシステムを運営し、SOMPOホールディングスが中古パネルに保険を付けて、2023年度から販売すると発表した。

販売価格は、状態によっては新品の半額程度になるとしていて、故障しても保険で同等のパネルと無償交換できる。

使用済み太陽光パネルの廃棄量は、2030年代後半には、2020年のおよそ280倍にあたる年間80万トンに迫るとの試算もあり、丸紅は中古パネルを活用し、循環型社会を目指すとしている。

(FNNプライムオンライン11月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース