コロナ感染報告後に乗務 バス運行会社に行政処分

社会


新型コロナウイルスに感染したバスの運転手を乗務させたとして、近畿運輸局は、バス運行会社に行政処分を出した。

処分を受けたのは、兵庫・丹波篠山市のバス運行会社「サンシャインエクスプレス」。

運行会社によると、2022年8月、運転手(50代)からPCR検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出たと報告があったにもかかわらず、東京発大阪行きの夜行バスに乗務させたという。

運行会社は「運転手が無症状で、客席とも遮光カーテンで仕切られていたため、大丈夫だと判断した」と話している。

バスには27人が乗車していたが、感染者の報告は受けていないという。

近畿運輸局は21日、運行会社に11月28日から30日間、一部のバスを使用停止とする処分を出した。

(FNNプライムオンライン11月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 兵庫県