NYマーケット反落 ダウ3万3700ドル28セント ナスダック1万1024.51

国際・海外


週明け21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落した。

中国の新型コロナウイルス感染再拡大による規制強化で中国の景気が減速するとの懸念が高まり、アメリカの原油先物相場が下落し、石油関連株が売られた。

一方、最高経営責任者の交代が好感された娯楽・メディアのウォルト・ディズニーが買われたことが相場を下支えした。

前週末比45ドル41セント安の3万3700ドル28セントで取引を終えた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、121.55ポイント安の1万1024.51で終えた。

(FNNプライムオンライン11月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国