「オモテナシ」月への着陸断念 日本初目指すも...地球と通信途絶え

社会


日本初の月面着陸を目指していた超小型探査機「OMOTENASHI」が、月への着陸を断念した。

「OMOTENASHI」は11月16日、アメリカの新型ロケットで打ち上げられたが、探査機の太陽電池が太陽の方を向かない向きになって充電できず、地球との通信ができなくなっていた。

そして、通信が回復しないまま、月に最も近い点を通過したため、JAXA(宇宙航空研究開発機構)は22日未明、着陸を断念したと発表した。

月面着陸が実現すれば、旧ソ連、アメリカ、中国に続く、4カ国目だった。

(FNNプライムオンライン11月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース