“パトカーで取り締まり”警官を逮捕 酒気帯び運転事故起こし発覚

地域 社会


パトカーで交通違反の取り締まりを行う警察官が、酒を飲んで車を運転した疑いで逮捕された。

千葉県警・千葉北署の自動車警ら係の巡査・高久利明容疑者(53)は20日午後8時半前、千葉市の道路で、酒を飲んだ状態で車を運転した疑いが持たれている。

高久容疑者は、交差点を左折する際に大回りとなり、信号待ちをしていた対向車にぶつかる事故を起こし、酒気帯び運転が発覚した。

けが人はいなかった。

高久容疑者は、パトカーでの交通違反の取り締まりを担当していて、この日は休日だったという。

調べに、「間違いありません」と容疑を認めている。

(FNNプライムオンライン11月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 千葉県