求刑上回る禁錮5年の実刑 赤信号無視...小学生2人はね死傷

社会


小学生2人を車ではね、死傷させた罪に問われた男に、求刑を上回る実刑判決が言い渡された。

無職・藤川幹人被告(52)は2022年3月、愛知・名古屋市瑞穂区の交差点で、赤信号を無視し、車で小学生2人をはね、3年生の女の子を死亡させ、4年生の女の子に大けがをさせた罪に問われている。

検察側は、「爪切りの爪を捨てるなど、わき見運転の理由が悪質」などと禁錮4年6カ月を求刑し、弁護側は執行猶予付きの判決を求めていたが、22日に名古屋地裁は、「求刑は遺族や被害者の苦痛や処罰感情を十分に反映していない」として、求刑を上回る禁錮5年を言い渡した。

(FNNプライムオンライン11月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 愛知県