20分間にわたるあおり運転 きっかけは車線の“割り込み”

社会


渋滞した道路で、左に右にと、ふらふらしながらクラクションを鳴らす大型トラック。
あおり運転の瞬間。

トラックの後ろを走っていた青い乗用車は、危険に思ったのか、避けるように車線変更をした。

この映像は、21日午前8時過ぎ、九州自動車道下りの大宰府IC付近で撮影された。

ぴったりと乗用車の背後にくっつくだけでなく、手を伸ばせば届きそうになるくらいまで幅寄せをする危険な運転も。

あおり運転は、大宰府ICから始まり、乗用車とトラックの行き先が分かれるまで、およそ15km、20分間ほどにわたったという。

このあおり運転のきっかけとなったのは、何だったのだろうか。

撮影者「トラックが本線に入ろうとしたんですけど、全然乗用車の前にも入る余裕はなくて、(乗用車が)真っすぐ止まらず行って、トラックがもう、怒ったみたいな感じ」

当時、トラックが本線に合流しようとするも、事故の影響で渋滞。

乗用車の前にトラックが入ろうとしたが、それができなかったことが原因ではないかと撮影者の男性は語った。

撮影者「やっぱり実際見ると、結構な恐怖感が出ますね。急いでいる気持ちもわかるんですけど、一瞬、我慢できるかどうかのところでしょうね」

(FNNプライムオンライン11月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 福岡県