新型宇宙船「オリオン」月に最接近 上空130キロ通過 NASA発表

国際・海外


日本初の月面着陸を目指していた超小型探査機「OMOTENASHI」が月への着陸を断念した中、同じロケットに搭載されたNASA=アメリカ航空宇宙局の宇宙船「オリオン」は21日、月に最接近した。

NASAは21日、新型宇宙船「オリオン」が月に最接近し、上空約130キロを通過したと発表した。

「オリオン」は月面探査プロジェクト「アルテミス計画」の最初のミッションとして、16日に、巨大ロケットに搭載され打ち上げられている。

日本の小型探査機「OMOTENASHI」も同じロケットに搭載されていた。

「オリオン」は25日半かけて月の周りを回り、12月11日に地球に戻ってくる予定。

(FNNプライムオンライン11月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース