更迭大臣の後任 松本新総務相 釈明に追われ国会で頭コクリ

政治・外交


「政治とカネ」の問題で更迭された寺田前総務相の後任となった松本剛明総務相。

しかし就任早々、一部で自身の資金管理団体のパーティーに関する政治資金規正法違反の疑いが報じられた。

22日の記者会見で早速、釈明に追われた松本総務相。

松本総務相「法の趣旨をしっかりと理解して、政治資金については法にのっとって適切に処理をしている」

さらに国会での答弁では、「日々緊張感を持って全力で職務に取り組みます」と宣言していた。

「緊張感を持って取り組む」と述べていたが、午後の本会議では大臣席で腕を組んで、目をつむり...。
時々、頭が前にこくりとするような場面も見られた。

FNNは、居眠りしているように見えたことについて総務省にコメントを求めたが、「特にコメントはありません」との回答だった。

この本会議の中では、松本総務相の政治資金に関する報道について岸田首相への質問が。

岸田首相は、松本総務相について、「指摘されている事項については、まずは本人から適切に説明すべきものであると考えている」と述べている。

(FNNプライムオンライン11月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース