“ソロキャン”に“ママキャン”も…人気キャンプ場を訪れた人たちの十人十色の楽しみ方【岐阜発】

地域 旅と暮らし

空前の「キャンプブーム」を迎えている。岐阜県郡上市の人気のキャンプ場で、爽やかな自然を堪能する、十人十色のキャンプスタイルを見せてもらった。

キャンプ初挑戦の家族連れ テントを張るだけでクタクタに


名古屋から車で約2時間。岐阜県郡上市にある「Alpen Outdoors しろとりフィールド」。2022年7月にオープンしたばかりのキャンプ場だ。


森林浴が気持ちの良い「フォレストサイト」や、景色が美しい「展望サイト」など全部で38区画。


天然温泉も整備されている。


午後1時、チェックインが始まった。

記者:
今日はどちらから?

家族連れで来た主婦・大沢由衣さん(33):
愛知県安城市。キャンプを始めたいなっていうふうに家族で話していて、ここで手ぶらキャンプやれるっていうことだったので…


小さい子供3人を連れた、大沢さん一家。家族の思い出作りにキャンプ初挑戦。


夫の大沢佳樹さん(36):
何が何だか分かんない…

大沢由衣さん:
なんとなくこれな気がする…

隣のテントは完成したが、1時間経ってもこの状態…。


見かねたキャンプ場スタッフがやってきた。

キャンプ場のスタッフ:
このテントすごく長いので、どんどん後ろから前の方につけてください。最後にタープを持ち上げて、完成という形になるので


2時間の格闘の末、ようやくテントが「完成」。


大沢佳樹さん:
できたできた、すごい汗だけど。むちゃくちゃ暑いです

記者:
ちょっと手伝ってもらったんですね?

大沢佳樹さん:
かなり!

子供:
はぁ、疲れた!

大沢由衣さん:
「疲れた!」って…(笑)


初めはうまくいかない。「キャンプあるある」だ。

獣医師同士の2人はキャンプ場でもソーシャルディスタンス


午後3時。立ち並ぶテントも増えてくると、乾杯を始めるキャンパーがちらほら出てきた。


記者:
今、おひとりで?

伊勢市から来た中津翔規さん(30):
ひとりで。ソロキャンプですね。最初は(芸人の)ヒロシさんから入って、それで影響されてハマっちゃいましたね


自然の中、自分だけの時間を楽しむソロキャンプ。一人でテントを張るのも慣れてしまえばあっという間で、最近では女性のソロキャンパーも増えているようだ。


いかにも上級者っぽい2人がいた。


火打石で火を起こし、拾った枯れ葉などからたき火していた。


2人はキャンプ道具を最小限に抑え、必要な物は現地調達する、「ブッシュクラフト」というワイルドなスタイルだ。


愛知県犬山市でチンパンジーなどの獣医をしている兼子明久さん(45)と…。


「日本モンキーセンター」で働いている岡部直樹さん(56)。


獣医の“先輩”“後輩”だという2人。ちょっと「距離」があるような…。


兼子明久さん:
(コロナが)動物にうつるのは1番怖いので、われわれ獣医としてはそこが1番(気をつけている)。世界では動物園のゴリラとかが(コロナに)なった例もありますし、もしもわれわれがなったら目も当てられないので。獣医って少ないので


万が一にも「職場のサル」がコロナにかからないように。感染対策を徹底したキャンプスタイルだ。

キャンプの醍醐味「食べたい料理を好きに食べる」


午後5時半。キャンプ場は、ディナータイムに。みなさんの夕食を見せてもらった。


男性:
あーいいにおいしてきた!

女性:
あー豚の香り

「キャンプと言えば」のカレーに…。


ホットサンド。


飯ごうで炊いたご飯と豪快なプルコギ。


タマゴとササミの「燻製」を作っているご夫婦もいた。


「ソロ」で楽しんでいる伊勢市の中津翔規さんも、そろそろ晩ご飯だ。

中津翔規さん:
中華鍋でやるみたいなドラマがあって、YouTubeで。それでまねしてやっているんですけど


YouTubeでレシピ動画を見ながら、「キャンプ飯づくり」に挑戦。まずは中華鍋でエビの殻をサッと炒め、油にうま味をうつしたら、溶き卵を入れて、飯ごう炊きのご飯を投入。塩コショウは目分量でOK。


たき火の強い火力でジャジャっと炒めたら、レタスと炒めたエビと合わせれば、エビチャーハンの完成だ。


中津翔規さん:
いいんじゃないですか…できました。いただきます。うまいですね。コショウ効いています。うま!

自然の中で、食べたい料理を好きに食べる。キャンプの醍醐味だ。

“ママキャン”楽しむ2人…でも「子供の話とかしちゃうよね、結局」


午後9時半。あたりはすっかり暗くなり、そろそろ寝袋に入る人もいる中、まだ灯りが灯るテントがあった。

記者:
お2人ですか?

春日井市から来た柘植有貴さん(42):
はい。留守番です、家族は

記者:
これ、何キャンって言うんですか?

春日井市から来た鶴森生恵さん(43):
“女子キャン”はおこがましいよね。“ママキャン”でお願いします


息子同士が同級生で、普段は家族ぐるみでグループキャンプをしているという。


柘植有貴さん:
ちょっとやってみたかった。子供達もちょっと大きくなって「パパとお留守番できるよ!」って

鶴森生恵さん:
家族と行くと、子供が楽しむのをメインにしちゃうとバタバタしちゃって

柘植有貴さん:
子育てちょっと忘れて「イエーイ!飲んじゃえ!」みたいな

記者:
これは、生ビールサーバー?

柘植有貴さん:
そう、借りました。こういう時ぐらいしか(飲めない)


鶴森生恵さん:
すごくテンション上がりました

子育てを忘れ、たまにはゆっくり。でも結局、話題に上がるのは…。

鶴森生恵さん:
子供の話とかしちゃうよね、結局。(子供が)寂しがっていたけど、「ちょっと行ってくるね」って。(離れるのは)初めてなので寂しがっていましたけど…

柘植有貴さん:
昼過ぎには帰るよね


ついつい考えてしまう、家族のこと。今度来るときは、大切なファミリーと一緒に…。

結婚式より新型のランクル… 車がキューピッドとなった新婚夫婦のキャンプ


年配の男性:
気を遣わなくていい。その代わり体力使います。もうヒーヒー言ってます


喧騒から離れた、静かな夜。まるで別世界のような時間が流れていた。

扶桑町から来た男性(54):
(キャンプの魅力は)泊まりに行く。非現実な世界で、時間ゆっくり。そんな感じを味わいたいから

扶桑町から来た女性(53):
最高です


車がキューピッドになったという新婚夫婦もいた。


刈谷市から来たフリーランスの女性(30):
車が好きで、お互い

刈谷市から来た製造業の男性(33):
ランドクルーザーっていう…。とにかく格好いい!

結婚式はあげず、その分も車に充てる方が良いというほどの車好きだ。

フリーランスの女性:
しない…。(お金を)結婚式にかけるよりも、新型のランドクルーザー買う方がいいよねって…


大自然を五感の全てで感じられる場所。キャンプ場には、それぞれのライフスタイルを満喫する姿があった。

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン11月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース