女性アナが“落ち葉の絨毯”やキノコ狩りを満喫 季節移ろう「大平山」【富山発】

地域 旅と暮らし

富山テレビ・矢野美沙アナウンサーが、秋から冬へ季節の移り変わりを感じる富山県の東部、魚津市の「大平山(おおだいらやま)」で日帰り登山の魅力を発見してきた。

初心者でも安心して登れる「大平山」 紅葉が出迎え

案内は、富山県警山岳警備隊の元隊長で、登山愛好家グループ「山凱会」の谷口凱夫さんだ。

矢野美沙アナウンサー:
谷口さん、おはようございます。きょうはどんな特徴がある山でしょうか?

山凱会 谷口凱夫さん:
特徴はないんですけど…(笑)毛勝三山の「猫又山」からずっと続いてきた(尾根の)末端の山で、素人でも足の弱い者でも、安心して登れる

山凱会 谷口凱夫さん
山凱会 谷口凱夫さん

矢野美沙アナウンサー:
登山道はしっかり?

山凱会 谷口凱夫さん:
登山道はしっかり(整備されている)、物足りない人は(南隣にある)「濁谷山」まで行けば立派な山行になります。天気も良いし、ゆっくり楽しんでください

矢野美沙アナウンサー:
きょうもよろしくお願いします!

魚津市の大平山(標高1,084.9メートル)。山頂周辺の地形が平らなことから、その名が付いたと言われている。


片貝川上流に向かい、魚津市の東蔵地区から林道に入ると、標高750メートルの峠に登山口がある。山頂までは、1時間半ほどだ。


登山口に至る林道沿いは、紅葉の真っ盛り。ブナやカエデなど色とりどりに染まった木々が出迎えてくれる。


ここで、クマよけの鐘を鳴らす矢野アナウンサー。

鐘を鳴らした富山テレビ・矢野美沙アナウンサー
鐘を鳴らした富山テレビ・矢野美沙アナウンサー

矢野美沙アナウンサー:
秋の森にお邪魔します!

落ち葉の絨毯の先でキノコ狩りを満喫…コツは“キノコ目”!?

矢野美沙アナウンサー:
おお~、足元フカフカです。落ち葉のじゅうたんですね!紅葉はだいぶピークを過ぎているんですけど、きょうは足元で秋を感じています

登山道に入ると、紅葉のピークは過ぎ、晩秋の森が広がっていた。

矢野美沙アナウンサー:
あれ?皆さん…クリタケ!? この木の裏側ですか…わ~すごい!びっしり、ぎっしり(キノコが)生えていますね

クリやナラ、クヌギなど広葉樹の切り株や倒木に生えている「クリタケ」を見つけた。


山凱会 谷口凱夫さん:
(キノコを見つけるには)“キノコ目”にならないと


矢野美沙アナウンサー:
キノコ目になるには、どうしたらいいんですか?

山凱会 谷口凱夫さん:
枯れ木で倒れているものがないか、腐った根元を見るとキノコがある

キノコを見つけるには、まず枯れ木を探していく。谷口さんいわく、「キノコ目」という独特の視線が必要なようだ。

晩秋の森の中、標高1,000メートル余りの山頂を目指す。

山頂を目指す矢野美沙アナウンサー
山頂を目指す矢野美沙アナウンサー

矢野美沙アナウンサー:
だいぶ登り切ったかな…。そんなに急登ではないんですが、じわじわと足にくるような登りが続いています

山頂で食べる「山ごはん」…キムチ鍋スペシャル

発見した「三角点」にタッチ
発見した「三角点」にタッチ

矢野美沙アナウンサー:
ここが大平山の三角点!三等三角点ですかね。こんなところでポツンと登山者を待っているんですかね

地図を作る基準になる三角点と、山で実際に一番高い山頂は別の所にある。
そして、大平山のピーク、標高1,084.9メートル、山頂に着いた。

「大平山」の山頂に到着
「大平山」の山頂に到着

矢野美沙アナウンサー:
向かいの山がきれいに見えます。あっ!剱だ!なんだかここから見る剱岳は、ちょっと柔らかい、優しい表情してますね


さあ、山歩きのもうひとつの楽しみ、お昼の時間! この日の、「山ごはん」は…。


矢野美沙アナウンサー:
ああ~、お肉の塊…


山凱会 谷口凱夫さん:
キムチ鍋スペシャルです

矢野美沙アナウンサー:
うわー、いい匂い! いただきまーす…。うーん! しみる!

キムチ鍋スペシャルを食べる矢野美沙アナウンサー
キムチ鍋スペシャルを食べる矢野美沙アナウンサー

秋から冬へ。季節の移り変わりを感じる山歩き。


まもなく里山も、長い冬の眠りにつく。

(富山テレビ)

(FNNプライムオンライン11月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース