MS&AD 主要3社の18%の6300人削減へ 2026年3月末までに

経済・ビジネス


2026年3月末までに、主要3社で従業員を6,300人削減する。

三井住友海上火災保険と、あいおいニッセイ同和損害保険などを傘下にもつ「MS&ADインシュアランスグループホールディングス」は、2026年3月末までに、主要3社の18%にあたる6,300人を減らし、200億円の人件費を削減する。

定年退職に加えて早期退職を実施し、新卒採用も絞る。

その一方で、保険金の支払いや照会業務などを自動化するなど、事業の効率化を図る。

増加する自然災害で、損保事業の採算が悪化しているほか、新型コロナに関する保険金の支払いも重荷となっていた。

(FNNプライムオンライン11月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース