インドネシア地震 死者は268人に 学校倒壊 多くの子ども犠牲に

国際・海外


インドネシアのジャワ島西部で起きた地震の死者は、268人にのぼっている。

西ジャワ州で21日に起きた地震で、インドネシアの国家防災庁はこれまでに、268人の死亡を確認したと発表した。

また、いまだに151人が行方不明となっていて、軍や警察が救助活動を続けている。

地元メディアは、亡くなった人の中に、学校の倒壊などによって40人の子どもも含まれていると伝えている。

この地震による負傷者は1,000人を超えたほか、5万8,000人以上が避難生活を余儀なくされている。

インドネシア当局は、今回の地震は20年に一度の規模のものだったとしている。

(FNNプライムオンライン11月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース