ウクライナへの越冬支援に3.6億円 発電機など無償提供

政治・外交


林外相は、ウクライナへの越冬支援として、およそ3億6,000万円の緊急支援を実施すると発表した。

林外相「国難に直面するウクライナの人々に寄り添った支援を実施していく」

日本政府は、ウクライナに対し、およそ257万ドル、日本円でおよそ3億6,000万円の緊急支援を決め、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)を通じて、発電機やソーラーランタンを無償で提供する。

ロシアによる攻撃で、ウクライナでは大規模な停電が各地で起きていて、林外相は、「暖房や照明が使用できない人への越冬支援として、重要な意義がある」と説明している。

(FNNプライムオンライン11月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース