同時検査キットの市販検討 コロナ・インフル流行警戒

社会


新型コロナウイルスと季節性インフルエンザに感染しているかを同時に検査できるキットについて、厚生労働省は、市販薬として販売解禁を検討していることがわかった。

加藤厚労相「供給量に制約はあるものの、OTC(市販薬)化が必要ではないか」

加藤厚労相は、新型コロナとインフルエンザの同時検査キットについて、インターネットや薬局で市販薬として販売できるよう、来週にも具体的な議論を行うことを明らかにした。

同時検査キットは、厚労省に承認されたのち、12月上旬にも流通が可能となり、販売が開始される見込み。

同時検査キットは、現在、医療用に限られ医師らが使用しているが、自ら検査できるキットを手に入れやすくすることで、医療機関の逼迫(ひっぱく)を避ける狙いがある。

22日に行われた厚労省の専門家会議では、新型コロナの感染者が増える速度が鈍くなっていて、年内に第8波のピークを迎える可能性が指摘された一方で、変異ウイルスの置き換わりなどに警戒感が示された。

厚労省によると、22日、全国で確認された新型コロナの新規感染者は12万1,460人で、12万人を超えるのは2カ月半ぶり。

(FNNプライムオンライン11月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース