【速報】ニューヨーク株式市場 およそ3カ月ぶり高値 年末商戦への期待高まる

国際・海外

22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、終値としては8月中旬以来、約3カ月ぶりの高値となった。

家電量販店のベストバイが業績見通しを引き上げ、年末商戦への期待が高まった。

記録的な物価高によるアメリカの消費減速懸念は和らぎ、買い注文が広がった。

また原油相場は上伸し、シェブロンなど石油大手の株が買われた一方で、前日にCEO=最高経営責任者の交代が好感されたウォルト・ディズニーは売られた。

ダウ工業株30種平均は、前日比397ドル82セント高の3万4098ドル10セントで取引を終えた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も反発し、149・90ポイント高の1万1174・41で終えた。

(FNNプライムオンライン11月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国