マスク氏「ツイッターは日本が中心」 毎日の利用者数はアメリカとほぼ同じ

国際・海外


ツイッター社のイーロン・マスクCEOが、ツイッターは「どちらかと言えば日本が中心だ」と発言し、日本の利用者に注目していることがわかった。

アメリカのネットメディアは21日、マスク氏が「ツイッターはアメリカが中心であるかのように見えるかもしれないが、どちらかといえば日本が中心だ」と社内の会議で発言していたと報じた。

また、マスク氏が、日本の人口はアメリカのおよそ3分の1だが、毎日の利用者数は、ほぼ同じであることを指摘し「例外なくすべての国で目指すべきだ」とも述べたと伝えている。

ツイッターは文字数の制限があるため、漢字の方がより多くの情報が伝わるとされ、マスク氏は、長文の投稿ができるようにルールを見直す考えも示している。

(FNNプライムオンライン11月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国