ネット口座売り渡し 暴力団員ら逮捕 投資詐欺に悪用か...中国人グループに

社会


SNSでネット口座を開設する人を募集し、中国人グループに口座情報を売り渡していた疑いで、暴力団組員ら4人が逮捕された。

指定暴力団稲川会系組員の一柳敏春容疑者(50)ら4人は、2022年3月、売買目的で開設したインターネットバンキング口座の口座番号などのデータが入ったSIMカードを中国人グループに渡し、32万円を受け取った疑いが持たれている。

警視庁によると、一柳容疑者とともに逮捕された「リクルーター役」の女が、SNSに「案件あります」などと書き込んで口座を開設する人を募集していたという。

調べに対し、全員が容疑を認めていて、警視庁は、口座が投資詐欺などに悪用されたとみて余罪を捜査している。

(FNNプライムオンライン11月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース