「サウナ議連」設立のウラ側 超党派でなぜ?

社会


記者やデスクがとってきた、気になるニュースの裏側を解説する「ウラどり」。

国会では、与野党が激しく対立する中、党派を超えた“裸のつきあい”を振興する。

22日、与野党の国会議員によって、サウナの普及や振興を目的とした、超党派サウナ振興議連が設立された。

注目のウラ情報は、「サウナ議連が与野党の関係に影響?」。

主席者の1人は、「裸のつきあいは親しみがわく。政党を超えた親近感が生まれる」と話している。

またサウナでは、地元の人から普段聞けないような話を聞いて国政に反映しているとしていて、今後、活動を活発化させたい考え。

(FNNプライムオンライン11月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース