“破格の安さ”肥料が人気 低価格のウラ事情

社会


記者やデスクがとってきた、気になるニュースの裏側を解説する「ウラどり」。

佐賀市が販売する、農業や家庭菜園で使われる肥料が大人気となっている。

肥料は、ロシアによるウクライナ侵攻や円安などの影響で、値上がりしている。

一般的なもので、20kg1,000円から3,000円ほど。
これに対し、佐賀市のものは、40円と破格の安さ。

注目のウラ情報は、「下水処理で発生する汚泥で肥料」。

上下水道局が汚泥を脱水機で絞り、これを原料として肥料を作っていた。

低価格に加え、自然由来の肥料というのも魅力となっている。

(FNNプライムオンライン11月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース