岸田首相と茂木幹事長が会談 被害者救済法案など対応協議

政治・外交


岸田首相が23日、首相公邸で、自民党の茂木幹事長と会談し、旧統一教会の被害者救済法案などの対応を協議したことがわかった。

関係者によると、岸田首相と茂木幹事長の会談は、23日午後、公邸でひそかに行われ、政府与党が今の国会での成立を目指す被害者救済法案などについて、今後の対応を協議したという。

救済法案をめぐっては、政府が先週、法案の概要を与野党に示したが、野党からは「極めて不十分だ」などの声が出ている。

これを受け、24日は、午前に与党と立憲民主党、日本維新の会の4党の協議が行われるほか、与野党6党の幹事長らの会談も予定されており、今国会中の成立に向けて、与野党の調整が続く。

(FNNプライムオンライン11月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース