日本がドイツに逆転勝利 「ドーハの奇跡」金星発進

スポーツ


FIFAワールドカップ、日本は初戦でドイツに逆転勝利。
金星スタートとなった。

史上初めてのベスト8を目指す日本が迎えた、強豪ドイツとの初戦。

前半8分。
中盤で鎌田選手がボールを奪い、伊藤選手に展開。

前田選手がゴールネットを揺らしたが、オフサイドで得点にはならず。

先制はドイツだった。

前半31分に、ゴールキーパー権田選手がゴール前で相手を倒してしまい、ペナルティキックに。
ドイツは、これを冷静に決めた。

1点を追う日本は、後半30分。
三笘選手がドリブルで左サイドを崩し、こぼれ球を交代で入った堂安選手が押し込み、同点に追いついた。

そして38分には、同じく途中出場の浅野選手が豪快なシュート。

日本は、ワールドカップで4回の優勝を誇るドイツを、2 - 1で破る金星。
勝ち点3をあげた。

森保監督「一喜一憂しすぎず、しっかり次の試合に向け、きょう終わったことを反省して、次の試合に向け勝利目指して戦いたい」

(写真:時事)

(FNNプライムオンライン11月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース