株価 ドイツ戦勝利でW杯関連値上がり 取引開始直後から幅広く買い

経済・ビジネス


日本代表のドイツ戦勝利を受けて、サッカー関連銘柄が値上がりしている。

勝利から一夜明けた24日の東京株式市場は、取引開始直後から、関連銘柄に幅広く買いが入る展開となった。

ミズノは、一時5%を超え、3年ぶりに3,000円台を回復したほか、英国風パブを運営する「HUB」も10%を超えて値上がりする場面があった。

市場関係者の間では、「日本が勝ちを重ねれば、関連銘柄に買いが入りやすくなる」との見方も出ている。

24日の日経平均株価は、22日より、267円35銭高い、2万8,383円09銭、TOPIX(東証株価指数)は、2,018.80で取引を終えた。

(FNNプライムオンライン11月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース