塩野義製薬「早くいいものを」 国内初のワクチン承認申請

経済・ビジネス


塩野義製薬が、国内企業で初めて新型コロナワクチンを厚生労働省に承認申請した。

塩野義製薬は、開発中の新型コロナワクチンについて、製造販売の承認を厚生労働省に申請したと発表した。

20歳以上を対象に、1回目から3回目での接種を想定している。

今後は、オミクロン株などの変異株に対応したワクチンの開発も進めるとしている。

また、22日に新型コロナの治療薬として緊急承認を受けた飲み薬「ゾコーバ」については、供給開始から6カ月間、副作用などについて情報を収集し、医療機関に公開していくという。

(FNNプライムオンライン11月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース