踏切で列車と車が衝突 はずみで川に転落も救出 愛知・一宮市

社会


踏切で、列車と車が衝突し、はずみで車が川に落ちかけた。

24日午後1時過ぎ、愛知・一宮市にある名鉄名古屋本線の踏切で、普通列車と軽ワゴン車が衝突した。

軽ワゴン車は、はずみで川にかかる線路と道路の間にはまり、落ちかけたが、その後、クレーンなどで救出された。

この事故で、軽ワゴン車を運転していた30代くらいの男性が病院に運ばれたが、けがの程度は軽いという。

また、列車の乗客・乗員15人に、けがはなかった。

警察は、現場の状況などから、軽ワゴン車が遮断機が下りた踏切に進入したとみて、くわしい事故原因を調べている。

(FNNプライムオンライン11月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 愛知県