NISA期限と上限撤廃へ 投資額倍増目指して 資産所得倍増プラン

経済・ビジネス


NISA(少額投資の非課税制度)について、口座数や投資額を今後5年間で倍増する目標などが、岸田政権が掲げる「資産所得倍増プラン」の案に盛り込まれることがわかった。

少額の株式や投資信託に投資するNISAは、種類によって非課税で保有できる期間を最大5年もしくは20年としている。

関係者によると、政府はこの期限を撤廃して投資額の上限も拡大する案を、25日に行われる「資産所得倍増分科会」で示す見通し。

また、今後5年間で口座数を3,400万、投資額を56兆円にそれぞれ倍増する目標も盛り込むことにしている。

(FNNプライムオンライン11月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース