W杯中のカタールの人権状況に EU議会が非難決議を採択

国際・海外


EU(ヨーロッパ連合)の議会は、サッカーワールドカップが行われているカタールの人権状況を非難する決議を採択した。

EU議会が24日に採択した決議では、大会スタジアムの建設などに関わった外国人労働者数千人が死亡したとして、カタール当局に調査と家族へ補償を行うよう求めた。

また、大会を主催するFIFA(国際サッカー連盟)に対しては、開催決定までのプロセスが不透明だったとして、人権保護などの基準を厳格に定めることなどを求めた。

さらに、カタールにおける性的少数者の人権が守られていない状況を「遺憾」だとして非難している。

(FNNプライムオンライン11月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース