テロのその後「根絶やしに」 報復に高まる緊張

国際・海外


記者やデスクがとってきた、気になるニュースの裏側を解説する「ウラどり」。

報復の応酬に緊張が高まっている。

トルコ政府は、イスタンブールで13日に起きたテロについて、クルド人武装組織の犯行と断定。

報復として、シリア北部などにある拠点を20日に空爆した。

注目のウラ情報は、「地上戦も示唆」。

エルドアン大統領は、「戦車や兵士も使って根絶やしにする」と発言。
地上軍を投入することを示唆した。

一方で、クルド人武装組織もテロを否定し、トルコに対して報復攻撃を行うなど、国境を挟んで緊張が高まっている。

(FNNプライムオンライン11月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 中東