激しく足ゆする...秋葉復興相 新たに判明“統一教会”と接点 「関係一切ない」発言と矛盾

政治・外交


政治資金の疑惑をめぐって、野党の追及を受ける秋葉復興相に、旧統一教会との接点があったことが、25日に明らかになった。

閣議が行われる前の25日の岸田首相。
閣僚の辞任ドミノが続く中、25日朝は薄く笑みを浮かべていた。

しかし、またしても、その任命責任を問われかねない問題が浮上している。

野党が照準を合わせる“4人目の大臣”。

25日、予算委員会の委員会室で、激しく右足を揺すっていた秋葉賢也復興相。

選挙運動などをめぐる疑惑に加え、新たな事実が25日、明らかになった。
それは、旧統一教会との接点。

秋葉復興相は、2022年8月の大臣就任会見で、「旧統一教会が主催する会合に出席したり、関係団体に会費を支払ったりしたことは一切ない」と明言していた。

しかし、秋葉復興相が代表を務める、自民党宮城県第二選挙区支部が2021年7月、旧統一教会の友好団体に、会費2万4,000円を支出していたことが政治資金収支報告書でわかった。

この点を25日に問われた秋葉復興相は...。

秋葉復興相「けさ、取材依頼が来たところですので、今、事務所で事実関係を確認させていただいているところであります」

立憲民主党・後藤祐一議員「収支報告書上、明らかになったって、一瞬でわかりますよ、コレ。確認すれば、すぐできるじゃないですか? これ、間違いないですよね?」

秋葉復興相「きょう、朝から予算委員会でございましたので、(報告書を)まったく見ている暇がございませんでした」

そして、2022年9月に自民党の調査が発表された際には、事実関係を確認できなかったと釈明するが...。

立憲民主党・後藤祐一議員「うそついていたということですよね? 収支報告書なんて、真っ先に調べるところじゃないですか?」

秋葉復興相「あのー、今事務所で、しっかり確認作業をさせていただいているところであります」

繰り返し「確認中」と答弁する秋葉復興相に、任命権者である岸田首相は...。

岸田首相「さまざまな疑念が指摘されているということなので、それに関しては、丁寧に説明責任を果たしてもらわねばなりません」

野党は、秋葉復興相を更迭するよう求めるなど、追及を強めている。

その秋葉大臣は、週末に予定していた福島県の出張を急きょキャンセルした。

(フジテレビジョン)
(仙台放送)

(FNNプライムオンライン11月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース