ロシア軍拠点を攻撃 63人死亡 アメリカが供与「ハイマース」で

国際・海外


ロシアが一方的に支配するウクライナ東部ドネツク州のロシア軍の拠点で、ウクライナによる攻撃があり、ロシア軍の兵士60人以上が死亡した。

ロシア国防省は2日、12月31日夜、ドネツク州マケエフカにあるロシア軍の拠点がウクライナ軍の攻撃を受け、ロシア軍兵士63人が死亡したと発表した。

発射されたのは、アメリカが供与した高機動ロケット砲システム「ハイマース」6発で、うち4発が建物に命中したという。

(FNNプライムオンライン1月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州