年内解散「今は考えていない」 岸田首相 適切な時期に...

政治・外交


岸田首相は4日夜、BSフジ「プライムニュース」に出演し、2023年中に衆議院の解散・総選挙があるかと問われ、「今は考えていない」と述べた。

岸田首相「(ことしの衆院の解散・総選挙は)考えてはいません」、「(ないとは言えませんよね?)今は考えておりません。しかし、衆議院の任期が来るまでの間、いつでも選挙はあり得る。これが理屈だと」

岸田首相は、次の衆議院選挙の争点は「先送りできない課題」だとして、防衛力の強化やエネルギー問題、少子化対策や経済政策などをあげたうえで、「しっかりと議論しながら適切な時期に選挙も行っていく」と述べた。

また、岸田首相は、「異次元の少子化対策」を打ち出し、子ども関連予算の倍増を表明しているが、「財源を考えるには、大変きめ細かな対応が必要になる。6月の骨太の方針に向けて、しっかり議論していく」と強調した。

(FNNプライムオンライン1月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース