【速報】「解散総選挙に追い込む」共産・志位委員長が気勢

政治・外交


共産党は5日、全国の代表者が集まる会議を党本部で開き、志位委員長は、岸田政権との対決姿勢を鮮明にして、「衆院の解散総選挙に追い込む」と気勢を上げた。

共産党の中央委員会総会で、志位氏は、「脇目もふらず党勢拡大に前進したい」と述べ、若い世代の取り込みなどを通じて、党の勢力を広げることに強い意欲を示した。

また、岸田内閣が新たな「国家安全保障戦略」などを策定し、防衛費の大幅な増額を決めたことをめぐり、「専守防衛を覆す大軍拡をやると言うなら、国民の審判を仰げと強く求めて戦おう」として、対決姿勢を鮮明にした。

その上で、「岸田政権打倒の国民的大運動をおこし、解散総選挙に追い込み、共産党の躍進を勝ち取ろう」と訴えた。

志位氏は、次の衆院選について「比例代表で650万票、10%以上を獲得して、すべての比例ブロックで議席を獲得する」との目標を明示。そして、「総選挙で反転攻撃をするには『130%の党』が必要だ」と述べた。

(FNNプライムオンライン1月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース