統一地方選と衆院補選へ総力結集を確認 自民執行部

政治・外交


自民党は5日、新年初の役員会を開き、4月に行われる統一地方選や衆院補欠選に向け、総力を結集することなどを確認した。

役員会で岸田首相は、「先送りが許されない課題に逃げずに1つ1つ答えを出していくことが責任政党の使命だ」とした上で、統一地方選について「非常に重要な選挙だ」と述べた。

また、茂木幹事長は、統一地方選を「極めて重要な戦い」と位置付け、「必勝に向けて一致結束して臨みたい」とした。

他の役員からも、同じく4月に予定されている衆院の3つの選挙区の補選を含め、「党の総力を結集して取り組みたい」との声が相次いだ。

衆院の3補選について、茂木氏は役員会後の会見で、「目標としては、全ての選挙区で勝利するように取り組みたい」と表明した。

(FNNプライムオンライン1月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース