警察が止めた車 男の正体 凶悪事件の容疑者だった

国際・海外


アメリカ・インディアナ州で撮影された、保安官のボディーカメラ映像。

前を走っていた車を止め、職務質問をする。

保安官「こんにちは、調子はどうだい? 免許証を見せてもらえるかな」
男「もちろん」

前の車に幅寄せしていたとして、職務質問をされた。

さらに、その数分後にも...。

警察「免許証と登録証を見せてください」

再び、車に近づきすぎていたとして、職務質問をされた。

ところが、警察らが2度呼び止めたこの男、実は凶悪事件の容疑者だった。

ブライアン・コーバーガー容疑者(28)。
2022年11月に、アイダホ大学に通う男性1人と女性3人、あわせて4人の大学生を殺害したとみられている。

警察の会見「現在、容疑者をアイダホに送り返す手配が行われており、そこで適正な手続きを経て、裁かれることになります」

職務質問からおよそ2週間後、コーバーガー容疑者は逮捕された。

(FNNプライムオンライン1月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国