アマゾン人員削減 1万8000人リストラへ

経済・ビジネス 国際・海外


アメリカのネット通販大手・アマゾンは4日、従業員の削減が1万8,000人を超える規模になると明らかにした。

コロナ禍の巣ごもり需要で増やした従業員の人件費が高騰していて、今回の削減は、経営改善のためとしている。

2022年11月には、およそ1万人を削減するとしていたが、今回、さらに削減規模を拡大する決定をしたとしている。

アメリカのIT業界では、メタ社やツイッター社など、大規模な人員削減の動きが相次いでいる。

(FNNプライムオンライン1月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国