ロシア 一時停戦の動きも 「撤退が先」ウクライナ反発

国際・海外


ロシアのプーチン大統領は、ロシア正教のクリスマスにあたる7日に合わせ、停戦を指示したが、侵攻を受けるウクライナ側は「撤退が先だ」と反発している。

プーチン大統領は5日、ロシアのクリスマスイブにあたる6日の正午から7日終日の36時間、ウクライナ軍と接する全ての前線で戦闘を停止するよう指示した。

これはロシア正教会のトップの総主教の求めに応じたもので、プーチン大統領は、「礼拝できるよう停戦を宣言する」と述べているという。

これに対し、ウクライナ政府高官は「偽善だ、ロシアが占領地から撤退して初めて一時停戦となる」と反発している。

(FNNプライムオンライン1月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州