ロシア“一時停戦”をウクライナ拒否 「態勢立て直しが狙いだ」

国際・海外


ロシアのプーチン大統領は、ロシア正教のクリスマスに合わせ、一時停戦を指示したが、ウクライナのゼレンスキー大統領は、これを拒否している。

プーチン大統領は、ロシアのクリスマスイブにあたる6日正午から8日午前0時までの36時間、ウクライナ軍と接するすべての前線で、戦闘を停止するよう指示した。

これは、ロシア正教会トップの総主教の求めに応じたもの。

これに、ウクライナは反発。
ゼレンスキー大統領は、「クリスマスを隠れみのにし、態勢を立て直すのが狙いだ」と停戦を拒否している。

アメリカのバイデン大統領は、「プーチン大統領は、酸素を探そうとしているんだろう」と述べ、ロシア側が息切れし、休息を求めているとの見方を示した。

(FNNプライムオンライン1月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース