「世代ナンバーワン」エース躍動 ベスト8かけた戦い 春の高校バレー

スポーツ


春の高校バレーは、3日目。

女子は、2022年のインターハイを制した大阪代表・金蘭会が準々決勝進出を決めた。

1・2年生が中心のフレッシュなメンバーで臨む金蘭会。

ナイジェリア人の父を持ち、「世代ナンバーワンエース」といわれる2年の上村杏菜選手が、強力なスパイクでチームを引っ張った。

その活躍は、攻撃だけにとどまらない。

身長168cmながら、驚異的なジャンプ力を生かし、相手の攻撃を1人でブロック。

金蘭会が、第1セットを奪った。

第2セットも、上村選手の勢いは止まらず。

相手レシーブを吹き飛ばす強力なサービスエースなどで、優勝候補の金蘭会がストレート勝ち。

4年ぶりの頂点へ3回戦突破を決めた。

(FNNプライムオンライン1月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース バレーボール