ヘンリー王子「兄から暴力を」 結婚めぐり...“暴露本”で主張

国際・海外


イギリス王室の中心メンバーから離脱し、アメリカに移住したヘンリー王子が、まもなく出版される回顧録の中で、兄のウィリアム皇太子から暴力を振るわれたと主張していることがわかった。

5日に撮影されたスペイン・マドリードの書店の店頭に並んでいるのは、ヘンリー王子の回顧録「スペア」。

チャールズ国王やウィリアム皇太子をめぐる暴露本。

この本は、1月10日に世界同時発売の予定が、誤って5日前に販売されてしまい、その内容が明らかになった。

ことが起きたのは、メーガン妃と結婚した翌年の2019年。
ウィリアム皇太子が、ヘンリー王子に対して、メーガン妃のことを「気難しい」、「無礼」などと批判し、口論に発展。

ヘンリー王子は、ウィリアム皇太子に襟首をつかまれて、床にたたきつけられ、背中にけがをしたという。

その後、ウィリアム皇太子は謝罪したとしている。

回顧録の発売を前にしたインタビューでは、こんな発言も...。

ヘンリー王子「メーガンが経験したことは、ケイトやカミラが経験したことと、一部では似ている。状況はまったく違うが、そこに人種の問題が加わって、マスコミが飛びついた」

またヘンリー王子は、イギリス王室からメディアへの情報のリークには、カミラ王妃が関わっているなどと主張。

地元メディアによると、こうした報道に、王室は「コメントすることはない」としている。

発売前から話題となっている回顧録。

ところが、ロンドン市内の書店では、発売前にもかかわらず、すでに半額で売られる準備が進められていた。

売れ行きが不安なのか、それとも、注目が高いうちに、販売部数を伸ばすためなのだろうか。

2023年5月には、チャールズ国王の戴冠式が予定されているイギリス王室。

王室批判を強めるヘンリー王子夫妻の出席が認められるのかどうか関心が高まっているが、ヘンリー王子は、戴冠式への出席を見送ることを示唆している。

(FNNプライムオンライン1月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州