少子化対策で消費増税も? 「軽率だ」甘利氏発言が波紋

政治・外交


値上げが相次ぐ中、新たに消費税の引き上げ発言が飛び出し、波紋が広がっている。

岸田首相が新年早々に打ち出した、異次元の少子化対策。
この実現に向け、早くも動き出した。

6日午前、小倉少子化担当相に対し、新たな検討会議の立ち上げを指示。

児童手当の拡充や保育サービスの充実など、具体的な検討を始めるよう求めた。

小倉少子化相「3月末をめどに、たたき台を取りまとめてまいりたい」

この少子化対策で肝になるのが、財源をどう確保するか。

今、岸田首相に近い甘利前幹事長が、将来の消費増税に言及し、波紋を呼んでいる。

6日、甘利氏本人が、FNNの取材に応じ、発言の真意を語った。

自民党・甘利前幹事長「一番税収として安定するというのは消費税であり、安定的に少子化対策をしっかりしていくというときに、消費税論議というのは、いつの時点かで必ずある」

甘利氏は、「将来的には、消費税率の引き上げも検討の対象になる」との考えを示した。

自民党・甘利前幹事長「将来的には、安定財源を求めなければならないと思います」

ただ甘利氏は、「岸田首相は、当面は消費増税をまったく考えていない」とも述べた。

甘利氏の発言に政府内からは...。

松野官房長官「消費税については、当面触れることは考えていない」

一方、甘利氏の考えに真っ向から反対したのは、大阪府の吉村知事。

大阪・吉村洋文知事「少子化対策のために消費税増税? 勘弁してよ。いったい、わが国の国家運営はどうなっているんだ?」

さらに、与党内からも「軽率だ」という声が上がっている。

一方、18歳までの子ども全員に月5,000円を支給するサプライズ政策を打ち出した、東京都の小池知事。

6日の会見では、「少子化は国の責任」とチクリ。

東京・小池百合子知事「総理が、どのようなリーダーシップを展開するのか期待したい。対策については、国がまさしく責任を持って、考えるべき国造りだと思う」

少子化対策のための消費増税について、街からは、さまざまな意見が聞かれた。

生後7カ月の子の母「(少子化対策の消費増税については?)増税が自分たちに戻ってくれば、悪くはないのかな」

生後7カ月の子の母「反対です。これから家買ったり、車買いたいとか、そのほかでかかるお金もたくさんあるので」

1歳と3歳の子の母「増税でお金を巻き上げるのではなく、政治家の皆さんが自分たちの身を切ってから」

岸田首相が“異次元”と銘打った少子化対策。
今後の具体策が焦点になる。

(FNNプライムオンライン1月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース