新幹線と特急電車 利用者増 コロナ前の8割に回復

社会 旅と暮らし


3年ぶりに行動制限ない年末年始となり、新幹線や特急電車などの利用者数は、前の年より増加した。

JR各社によると、2022年12月28日から1月5日までに、新幹線や特急列車などを利用した人は、およそ983万4,000人だった。

前の年の1.1倍とやや増加したほか、コロナ前の2018年度の8割ほどまで回復した。

利用者増加の理由として、JR東日本は、行動制限がなかったことなどを挙げている。

(FNNプライムオンライン1月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース