甲子園で喫煙・飲酒の県議 その後「殺すぞ」ついに辞職

社会


6日午前9時半、熊本県議会の副議長室に姿を現した井手順雄県議。

井手県議「本日をもって、議会議員を辞職させていただくよう、よろしくお願いいたします」

議長に宛てた辞職願を提出した。

井手県議、これまでさまざまな行動が問題視されていた。

夏の甲子園では、禁煙の観客席で、加熱式たばこを吸っていたことが明らかに。

しかも、酒の持ち込みが禁止されているにもかかわらず、缶酎ハイを飲んでいたことまで発覚。

自民党を離党していた。

そして、12月には、タクシーの車内で運転手に暴言を吐いたうえ、助手席をけるなどしていた。

問題行動が積み重なった末の辞職願。

その後、報道陣の前で口を開いたが...。

「私の軽率な行為で、本当に後援会の皆さま方、そして議会の皆さま方に、大変ご迷惑をおかけしました」

話したのは、ほぼこれだけ。

県民に謝ることもなく、質問しようとする取材陣に対しても、「もうノーコメントでお願いします、もう辞職しましたんで」、「(理由は?)...」、「(県議選には出られる?)ノーコメントで」と、一切答えず、足早に立ち去った。

その対応に、取材陣から思わず、「マジかよ...、マジかよ...」という声が。

その後、井手県議の辞職は、議会で許可された。

(FNNプライムオンライン1月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース