ツイッター2億3000万人超のデータ流出か 利用者のメアドなど

経済・ビジネス 技術・デジタル


アメリカのツイッター社で、2億3,000万人以上の利用者のデータが流出しているおそれがあることがわかった。

アメリカのブルームバーグ通信は、ツイッターの利用者2億3,000万人以上のユーザー名とメールアドレスなどが流出したおそれがあると報じた。

これらの個人情報は、匿名でウェブサイトに掲載されていて、流出した時期は、イーロン・マスク氏がツイッター社を買収する前の2021年ごろとみられるという。

ツイッター社の当時の日本を含む世界のアクティブユーザーが、およそ2億3,000万人で、事実なら、ほぼ同じ数になる。

専門家は、ソフトウェアの欠陥で抜き取られたと指摘していて、この欠陥はすでに修正されているという。

ツイッター社はこの件について、コメントを発表していない。

(FNNプライムオンライン1月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース