岸田首相 ウクライナ訪問の検討を伝える ゼレンスキー大統領に

政治・外交 国際・海外


岸田首相は、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話で会談し、ウクライナ訪問の招待を受けたことを明らかにした。

今回で6回目となる、岸田首相とゼレンスキー大統領との電話会談は、6日午後6時過ぎから30分にわたって行われた。

岸田首相「私に対しても、ウクライナ訪問の招待がありました。現時点では私の訪問について何ら決まっておりませんが、諸般の状況をふまえ、検討していきたいと思っています」

岸田首相は、ゼレンスキー大統領に2023年のG7(主要7カ国)の議長国として「積極的な役割を果たしていく」方針を伝え、攻撃を継続しているロシアを「強く非難する」と述べた。

また、岸田首相が「越冬支援などを全力で進めていく」と伝えたのに対し、ゼレンスキー大統領は、深い謝意を示したという。

(FNNプライムオンライン1月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース