6歳男児 女性教師に発砲 口論となり“故意”に

国際・海外


アメリカ・バージニア州の小学校で6日、1年生の教室内で6歳の男子児童が30代の女性教師と口論となり、持ち込んでいた拳銃を教師に向けて発砲した。

撃たれた教師は病院に運ばれたが、重体。

警察は、男児を拘束し、故意に教師を撃ったものとみて口論の経緯を調べるとともに、拳銃をどのように入手したのか、保護者からも事情を聴く方針。

(FNNプライムオンライン1月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国