車道の真ん中・踏切でピース 「ひいてしまう」写真撮影に夢中であわや衝突寸前 ごみ“ポイ捨て”も横行…観光地で相次ぐ迷惑行為

社会 旅と暮らし

1月10日から、再び実施が決まった全国旅行支援。各地の観光地では活気が戻りつつあるが、その一方で…。

取材班:
あちらの方、車道の真ん中で撮影していますね。危ない。


車道の真ん中で写真撮影に夢中になり、バイクと衝突寸前の場面も。

さらに、観光客によるゴミのポイ捨てが横行。迷惑行為の現場を取材した。

クラクションを鳴らされても…危険な撮影者たち

神奈川県鎌倉市。連日、多くの観光客が訪れる人気観光スポットだが、中でも今、再び注目を集めて人気の場所がある。


取材班:
皆さん、踏切前で写真撮影をしています。

海の見える踏切前でカメラを構える人々
海の見える踏切前でカメラを構える人々

撮影しているのは、海の見える踏切。なぜこの場所で撮影をするのか?話を聞いてみると…。


韓国から来た観光客:
スラムダンクのフォトスポットで、有名と聞いて来ました。

観光客:
スラムダンクが今、映画化で話題になってるので、その影響で。

2022年12月に公開された映画の聖地としてファンに人気
2022年12月に公開された映画の聖地としてファンに人気

ここは、2022年12月に映画が公開された大人気アニメ「スラムダンク」の聖地と言われる場所。日本だけでなく、海外からもファンが来る撮影スポットだ。

多くの人は守っているが…
多くの人は守っているが…

鎌倉市は「道路にはみ出しての撮影を行わないように」と呼びかけ、多くの人が守っているのだが、その一方で…。


取材班:
あちらの方、車道の真ん中で撮影していますね。

車が来ても避けようとしない
車が来ても避けようとしない

取材班:
危ない、危ないですね。車が来ているのに全然避けようとしません。

車道の真ん中で撮影をする人が後を絶たない
車道の真ん中で撮影をする人が後を絶たない

車道の真ん中で撮影をする人が後を絶たず、通行の妨げになることも珍しくない。

車道で写真撮影をする2人 後ろからクラクションが鳴る
車道で写真撮影をする2人 後ろからクラクションが鳴る

中には、クラクションを鳴らされ、一度は道の端まで避けるも…。


取材班:
何回クラクション鳴らされても、やめようとしません。

車が去ったあと、撮影を続けていた
車が去ったあと、撮影を続けていた

2人は何度も繰り返し、道路の真ん中で撮影を続けていた。

通行の妨げになっているのは人だけではない。

路肩に車を止めて写真撮影
路肩に車を止めて写真撮影

取材班:
路肩に車を止めて撮影している人たちがいます。かなり通行の邪魔になっています。


ここで撮影するために、道路に車を止める人もいる。これをよけるために渋滞が起きることも。さらにウォッチし続けていると…。

取材班:
危ない危ない危ない!

車道でカメラを構えていた女性 後方からバイクが走ってきた
車道でカメラを構えていた女性 後方からバイクが走ってきた

車道でカメラを構える女性と、後方から走ってきたバイクがあわや衝突寸前。いつ事故が起きてもおかしくない。


こうした状況に、鎌倉市は警備員を配置。

警備員が持っていたボード
警備員が持っていたボード

手には「道路にでないでください」と書かれたボードを持ち、日本語の他、中国語と英語で書かれている。

「自分で危険な場所ってわかるはずなんですけど…」
「自分で危険な場所ってわかるはずなんですけど…」

取材班:
警備していて感じることは?

警備員:
マナーの悪さですね。道路の方に簡単に出て行くんです。自分で危険な場所ってわかるはずなんですけど…。

車道で撮影していた観光客を直撃「どうも思わない」

しかし、道路だけではなく…。

取材班:
踏切の中で撮影しています。

鉄道営業法で禁止されている行為
鉄道営業法で禁止されている行為

踏切の中で写真を撮ることは、鉄道営業法で禁じられている。こうした迷惑行為に住民は。

近隣住民:
見てても危ないなと。事故寸前の時もあった。観光はいいんですけど、そういうのは注意して来てもらいたいですね。

近隣住民:
道路が狭いので車で買い物に行くんですけど、ひいてしまいそう。道路に出てくると危ない。

撮影していた観光客に、迷惑行為について話を聞いてみると…。

撮影していた観光客に話を聞く
撮影していた観光客に話を聞く

取材班:
すみません、車道に出て写真を撮っていた件で。危なくないですか?


撮影者:
車道には出ていない。撮ってない。

と否定するが、車道に出て撮影しているのをカメラは見ていた。

観光客は車道での撮影を否定
観光客は車道での撮影を否定

取材班:
いやいやいや、(スマホ)構えてたじゃないですか。危なくないですか?

撮影者:
……。


取材班:
近所の方が、車道で撮影されるのは迷惑だという苦情があります。

撮影者:
……。

2人は質問に答えることなく立ち去った。また、車道で撮影していた別の観光客は…。

車道で撮影していた別の観光客
車道で撮影していた別の観光客

取材班:
車道に出ないでくださいということですが、どう考えている?

「どうも思わないですね…大丈夫かなと」
「どうも思わないですね…大丈夫かなと」

撮影者:
どうも思わないですね…。電車来ているから車来ないし、大丈夫かなと。


鎌倉市は「これ以上迷惑行為が続く場合、警備員を増やす」などと対策の強化も考えている。

路地裏で飲食 至る所にゴミ散乱

観光地の迷惑行為は都内でも。韓国コスメや食べ歩きで人気の街・新大久保。

韓国コスメや食べ歩きで人気の街
韓国コスメや食べ歩きで人気の街

しかし、一歩路地裏に入ると、他人の敷地内で飲食する人の姿があった。

マンションの敷地内で飲食
マンションの敷地内で飲食

取材班:
テイクアウトの食べ物を道端で食べている人が多いんですが、マンションの敷地に入っていたり、こっちは駐車場で食べています。


さらに問題なのは…。


取材班:
ゴミが捨てられています。こちらの食べ終わったカップには吸い殻が捨てられています。


街中にポイ捨てされた、たくさんのゴミ。


なんと人の家の玄関前にまでゴミが。


カメラが捉えたポイ捨ての瞬間 路上喫煙に住民怒り

どんな人が捨てていくのか、許可を得て定点カメラでウォッチしてみると…。

紙のような物を手に持つ男性
紙のような物を手に持つ男性

紙のような物を投げ捨てて、そのまま去って行く男性。

投げ捨てて、そのまま去って行った
投げ捨てて、そのまま去って行った

そして、食べ終わった容器を自分の隣に置き、そのまま置いていく人。

食べ終わった容器を自分の隣に置き、立ち去る
食べ終わった容器を自分の隣に置き、立ち去る

別の場所では、マンションの植え込みに腰掛け、たばこを吹かす男性もいた。

マンションの植え込みに腰掛け、たばこを吹かす男性
マンションの植え込みに腰掛け、たばこを吹かす男性

新宿区では路上喫煙は禁止だ。

ドリンクを飲み干し、缶を植え込みへ
ドリンクを飲み干し、缶を植え込みへ

さらにドリンクを飲み干すと、缶を植え込みの中へ。

男性が座っていた場所に捨てられた空き缶
男性が座っていた場所に捨てられた空き缶

男性が座っていた場所を確認すると、空き缶が捨てられ、道路には吸い殻も落ちていた。

道路には吸い殻も
道路には吸い殻も

また、住民を取材している最中にも、そのすぐ後ろで…。

住民を取材中、背後に男性が現れた
住民を取材中、背後に男性が現れた

カメラの前で堂々とたばこに火をつける男性。


これに気づいた住民が声をかける。


近隣住民:
すみません、路上喫煙禁止ですよ!


男性:
はーい。

近隣住民:
たばこは吸わないでくださいね。

ルールを守らない観光客。こういった状況に住民は…。

「ちゃんとゴミを持って帰ってくれればいいんだけど…迷惑ですね」
「ちゃんとゴミを持って帰ってくれればいいんだけど…迷惑ですね」

近隣住民:
ちゃんとゴミを持って帰ってくれればいいんだけど、いろんなとこに捨てていっちゃうから。迷惑ですね。

観光地の周辺には住民がいる。マナーを守り、楽しく観光をしてほしい。

(「イット!」12月22日放送)

(FNNプライムオンライン1月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース