“停戦中”に攻撃 15人死傷 ロシア「ウクライナへの反撃」

国際・海外


ウクライナでは、ロシアのプーチン大統領が宣言した停戦中も攻撃が続き、15人が死傷している。

東部ドネツク州の知事などによると、州内の住宅地に攻撃があり、2人が死亡、13人が負傷した。

また、南部ヘルソン州でも39回の砲撃があった。

ウクライナ政府高官は、ロシアの攻撃と批判しているが、ロシア国防省は「停戦を守っている」として、「ウクライナ軍の攻撃への反撃だ」と主張している。

プーチン大統領がロシア正教のクリスマスに合わせて宣言した6日正午からの36時間の停戦について、ウクライナ側は、「ロシアの計略」として応じていない。

(FNNプライムオンライン1月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州